農林漁業に興味がある

就農に向けて

晴れの国おかやまで、夢と希望を熱意をもって、「農業をやりたい」と、思っている皆さん。

しかし、同時に「何から始めたら良いのか?」「どのようにすれば良いのか?」「誰に聞けば良いのか?」と、疑問や不安もたくさん感じていることと思います。

公益財団法人岡山県農林漁業担い手育成財団(岡山県青年農業者育成センター、岡山県新規就農相談センター)では、岡山県担い手育成総合支援協議会、岡山県、岡山県農業会議、JA岡山中央会などの関係団体と連携て、岡山県で農業を始めたい、農業法人に就職したいと思っている方々のために、就農研修、体験実習の受け入れ先の紹介や求人情報の紹介、農地取得・資金面のことなど多岐にわたり、農業を始めるために必要なことについて相談に応じアドバイスしています。

就農へのプロセス

一口に農業といっても、形態は多岐にわたりますし、経営主、法人就職、田舎暮らしなど目的はさまざまです。農業経営者を目指して、新たに農業を始めるために何より必要なことは、「主役は自分自身」であるとの自覚を持ち、「何事に対しても意欲を持って努力」をすることです。就農を志すには、何より強い意志と明確なビジョンが必要です。生産物や栽培方法などが違えば、就農までのアプローチも違います。まず、何を栽培したいのか。どんな地域で農業をしたいのか。

就農への第一歩として、自分のやりたい農業のイメージを固めましょう。

就農に向けたフローチャート
就農までのプロセス

成功を支援する相談窓口

岡山県では、担い手育成財団などに、「就農相談窓口」を設置し、就農までのプロセスをアドバイスしています。また、就農の初期段階では、経営が不安定になったり、壁にぶつかることもあります。「始める」よりも「継続する」ことが大切な就農の目的です。

農業に関して悩んだ時には、相談窓口をご利用ください。

成功を支援する相談窓口

画像をクリックすると拡大表示します