農林漁業に興味がある

青年組織活動促進支援(担い手育成財団)

新規就業者の激励 (就業奨励金の支給)

県内で農林漁業に新たに就農した青年が、将来に渡って専業として農林漁業経営を続け、自信と誇りを持った経営を確立するとともに、地域農林漁業発展の中核者を育成することを目的として、就業奨励金を支給する事業です。当奨励金は、新規就業者に就農奨励金を支給する市町村に対し、市町村長から直接手渡しすることを条件にその一部を助成しています。

支給対象者
将来に渡り専業として農林漁業経営を続けていく39才以下の者
支給額
市町村が5万円/人以上支給する場合に、2.5万円助成

地域農林漁業振興研修活動への支援

青年農業者等が自ら行う、地域での課題解決や地域農業の振興、生産技術の改善等の活動を後押しして、課題解決能力の向上や地域との連携強化、グループ活動の活性化等を図るために、助成を行います。

支給対象者
構成員が5名以上で、半数以上が専業の農林漁業に従事している青年で組織するグループ、農業高校のグループ
助成金額
5から10万円/事業主体

組織活動活性化対策

青年農業者等の資質向上・グループリーダーの育成・交流促進を図るため、県段階の各種研修事業・異業種交流会や女性の能力発揮・活用する活動に対して、活動費を助成します。

支給対象者
県段階の農林漁業関係青年組織等、県段階の組織に属する青年、女性グループ等
助成金額
定額

担い手育成対策協議会活動への支援(担い手育成財団)

地域担い手育成対策協議会活動への支援

地域において市町村、農協、農業普及指導センター等が連携した地域農林漁業担い手育成対策協議会の設置を指導し、青年農業者の資質向上のための講演会、研修会、交流会等の活動を一貫してできるよう体制づくりを行っています。また、これらの活動を精査した上で、活動費を支給しています。

支給対象者
地域農林漁業担い手育成対策協議会
支給額
定額

啓発普及支援(担い手育成財団)

小学生社会科副読本作成費の助成

次代を担う小学生に岡山県の農林漁業の実態を正しく理解してもらうとともに「食の大切さ」や「心の豊かさ」を醸成するため、社会科副読本「おかやまの農林水産業」の作成、及び配布に対し、助成及び指導を行っています。県内の全ての小学校(4年生1クラス)に副読本、教師用冊子及びこれらのデータの電子媒体を1部づつ配布しています。

助成先
おかやまの農林水産業編集委員会(事務局:岡山県農業協同組合中央会)
助成金額
定額

就業奨学金の貸付(担い手育成財団)

奨学金の貸与 ※平成26年度から新規貸与者の募集は休止しています

学校教育法に基づく高等学校、並びに県農業大学校、(財)中四国酪農大学校に在学する生徒で、将来県内で自家の農林漁業に専業として従事しようとする者が勉学に励み、充分な知識を持って就農できるよう、在学時に奨学金を貸与しています。

奨学金は、貸与者の就農に結びつくよう、卒業後3年以上自家の農林漁業に従事することで償還を免除する措置をとっています。

貸与対象者
学校教育法に基づく高等学校、並びに県農業大学校、(財)中四国酪農大学校に在学する生徒で、将来県内で自家の農林漁業に専業として従事しようとする者。
貸与額
高校生は月額1万円(私立高校の農林学科の生徒は月額2万円)
県農業大学校、中四国酪農大学校の学生は年額11万円
選考方法
学校長は申請書等を審査し、本人の意向、担任等の意見、自家農家の状況等を踏まえ、適否を判定するものとしている。

就農相談専門員の活動(育成センター・相談センター)

就農に関する相談

青年農業者等を確保・育成するために就農相談を行い、就農や農業に関心と興味を有する人を岡山県での就農に誘導するとともに、県行政、関係団体また地域と連携して円滑な就農が可能となるようにお手伝いします。相談にあたっては、岡山県内の就農支援体制に関するパンフレットや就農準備に関する参考資料等を作成するとともに、就農相談専門員を配置して常時就 農に関する相談に対応しています。県内外で就農相談会を開催して広く人材の確保に努めています。

農業体験研修支援(育成センター・相談センター)

農業体験研修費の支給

現在行われている岡山県の就農支援制度では、就農希望者に対して1ヶ月農家へ滞在し、農作業や農家生活を体験する農業体験研修と2年間の就農準備のための実務研修を制度化していますが、この中で農業体験研修については、研修期間が1ヶ月間となっているため、研修受講者は仕事を辞めた上で研修期間中も無収入の状態となる場合が多く、経済的負担が大きい。このため、体験研修を受講する就農希望者の生活不安を解消することで研修受講のハードルを下げ、より多くの青年農業者等を確保するために、研修費を支給しています。

支給対象者
県実施の農業体験研修終了者
研修費支給額
10万円/人

就農アドバイザー(育成センター・相談センター)

就農アドバイザーの認定と設置の助成

地域において就農希望者や新規就農者に対するよりよい助言指導を行えるよう、地域で信望が厚く、農業経営に優れ、担い手育成にも積極的な者を就農アドバイザーとして認定するとともに、新規就農者への個別指導に対して助成を行っています。

支給対象者
新規就農者に個別指導を行った就農アドバイザー
支給額
15千円/人
助成対象事業
新規就農者に対する個別指導

地域における就農相談の支援

地域において市町村、農協、農業普及指導センターが連携した地域農林漁業担い手育成対策協議会が行う、地域における就農オリエンテーションの開催、就農後定着までのサポート等の事業に対して助成を行っています。

支給対象者
地域農林漁業担い手育成対策協議会
支給額
定額
助成対象事業
地域における就農オリエンテーションの開催
就農相談活動に必要な会議の開催、資料作成等の費用
就農アドバイザーの研修会の開催

農業体験学習促進事業(育成センター・相談センター)

サンデー就農ゼミ

就農や農業に関心と興味を有する人の就農にむけての準備を後押しするため、体験を中心とした研修会を開催しています。

研修会はまだ本格的な就農準備に入っていない就農指向者を主な対象としているため、農業の実践に役立つ知識や技術を習得できる内容とし、サラリーマン等が勤労しながらでも研修が受講できるよう日曜日を中心に年間7回程度開催しています。

受講対象者
就農や農業に関心と興味を有する者(就農志向者)
募集方法
新聞への寄稿及び募集チラシの配布